血圧が低いと集中力が下がる。その他どうなる?

血圧が低いと集中力が下がる。その他どうなる?

健康診断のみならず様々なところで数値化されるようになった「血圧」。

高いとか低いとかは良くいうけど、低いとどうなるの?

という疑問がまだまだありますよね。

実は低血圧だと「集中力が下がる」ことや高血圧だと「病気になるリスクが圧倒的に上がる」可能性があります。

血圧をコントロールするのはあなたの人生を左右するといっても過言ではないでしょう!

それではわかりやすく解説していきます。

血圧が低いと集中力が下がる。その他どうなる?

血圧が低くて一番ダメージを受けるのは集中力と言われています。もちろん中には血管がキレイでなおかつ血液がさらさらの方もいるので、そうでない方は

  • 低血圧=血液循環がよろしくない
  • 脳に運ばれる血液量が減る
  • 脳や身体の活動が鈍る
  • だるけを感じて集中力が下がる

というロジックにハマる可能性が高いです。

 

血圧が低いとどうなる?一覧

集中力の他に、血圧が低いともたらす影響は

  • 立ちくらみ
  • めまい
  • 朝起きれない
  • 頭痛
  • 倦怠感
  • 疲労感
  • 肩こり
  • 動悸

などが挙げられます。そして何より血圧が低いということは「血液量が少ない」ので、全身に十分な血液が供給されないということ。

 

その状態が続くと

 

  • 細胞が十分な酸素や栄養を受け取れない
  • 血管についている老廃物が取り除かれない

 

等の問題が出てきて「影響を受けた細胞や臓器が正常に動かなくなる」可能性があります。

血圧を正常に保つために行いたい予防策。低くても高くても対策しましょう

ではどのようにして血圧を正常に保てばいいのか?というと

  • 常に記録をとる
  • 食事管理を行う
  • 適切な運動をする
  • ストレスを軽減させる

が基本。

食事に関しては

  • 食べ過ぎない
  • 脂のとりすぎに注意
  • 塩分を抑える

などを軸に多くの栄養素を摂取するようにしましょう。人間の身体は口から摂取したもので構築されるので、まず必須の項目ですね。

ちなみに、三大栄養素のバランスを整える食事管理方法をPFCバランスといいます。この考えを基本に、簡単に・やりすぎないように日々の食事を管理してみてください。

PFCバランスをこの世で一番わかりやすく解説

運動に関しては気軽にできるもので習慣化させる必要があります。ここに関しては私も企業向けに研修を行ったりしているのですが、ストレッチがおすすめですよ。

血圧が高いとどうなる?低い時より病気のリスク大

ちなみに血圧が高いと

  • 脳血管障害
  • 心臓病
  • 腎臓病
  • 動脈硬化

などの症状を引き起こすリスクが一気に上がります。

血圧が高いとは「血管に強い圧力が常にかかっている状態」なので血管に傷がついたりすることで徐々に血管が固まります。これがいわゆる動脈硬化ですね。

動脈硬化が進行すると脳卒中、心筋梗塞など命に関わる症状に陥る可能性があるので今すぐに対処すべきでしょう。

そもそも血圧が低いとか高いって、なに?どうなるの

さて、血圧とは

「血液が血管の壁を押すときの圧力」で、

  • 血管が細いと血圧が高くなる
  • 血液量が少ないと血圧が低くなる

 

などがわかっています。

細いホースに大量の水を流せばホースがちぎれんばかりに広がり、少量の水であればちょろちょろと出てきますよね。

それぞれでネガティブな影響があるので見ていきましょう。

低血圧、血圧が低い人の3タイプ

実は低血圧には3タイプあって、

  • 本態性低血圧:原因のよくわからない体質的なもの
  • 起立性低血圧:立ち上がった際に急にめまいなどがするタイプのもの
  • 二次性低血圧:薬や病気の影響でなるもの

と分かれています。大体の方は本態性低血圧に属するのですが、ちなみに私は起立性低血圧の可能性があります。

そもそもどこからが高血圧?基準

高血圧とは130/80を超える人のことを言い、それぞれの高さによって危険度が変わります。

あなたはどこにいますか?