健康になるには?食事と運動だけで健康になるのか

健康になるには?食事と運動だけで健康になるのか

「健康・・・」今までも、そしてこれからも常に人間と寄り添うワードですね。もちろん私はいくつになっても健康でいたいし、この世界から「病気」という言葉がなくなることを夢見ています。

ですが、当然人間には「生老病死」がつきもの。生きて、老いて、病にかかり、死ぬ。これは以前お坊さんからいただいた言葉なのですが「たいていのことはできる。どうにかなる。けど、この生老病死については誰も抗えない」と。

  • 友人が急に半身不随になる
  • 身近な人の死
  • 自分自身の耳が聞こえなくなる

など、様々なことを経験し、病気になりたく無いと思っていてもなぜかなってしまうということを目の当たりにする反面、

事前にそのリスクを下げることもできる

ということも知りました。現代ではスマートフォンやパソコン、多くのテクノロジーが存在し、人々が触れています。

これらを有効活用し、患者や病気の方のデータを分析し、未病に活かす。そんな医療系IT企業のプロとして、みなさんに健康になるための5つのポイントをご紹介していきます。

健康とは

まず、健康とはなんでしょう。こういう世にありふれた言葉ほど定義するのが難しいものです。WHOによると

「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます。」

日本WHO協会:https://japan-who.or.jp/about/who-what/identification-health/

と言われており、私はこれをもっと噛み砕いて

「自分自身の目標に向かって動き出せる状態」であると考えています。

  • 毎日本を読む
  • 朝起きて、朝ごはんを食べる
  • 売り上げを伸ばす

なんでもいいんです。自分の考えた目標を達成しようと思える、そして行動に変えられる人は健康であると捉えています。

ですが、これらを常に保とうとしてもいつしか

  • 歩けなくなる
  • 朝起きれない、夜寝れない
  • 人と話したくない

という状況におかれる可能性もなきにしもあらず。少しでもこれらを遅らせる、もしくは事前に防ぐにはどうすればいいのでしょうか?

健康になるには?5つのポイント

さて、元パーソナルトレーナーであり現在は企業の従業員向けの健康管理を行っている私が今までの経験から学んだ健康になるための5つのポイントとして

  • 適切な食事管理
  • 簡単な運動
  • コミュニティに属する
  • 自分と向き合う(ストレスとの付き合い方を変える)
  • 目標を持つ

をご紹介します。

適切な食事管理に関してはなにも「徹底的に制限しろ」というわけではなく「自分が何を食べて今の身体になっているのか」を知ることから始めましょう。

簡単な運動はなんでも大丈夫。

  • 少し多く歩く
  • 動画のような簡単な運動を行う
  • 筋トレをする

などなど、あなたに合った運動を定期的に行いましょう。

健康において最も重要だと言われているのが「コミュニティ」

さて、5つのポイントの中でコミュニティに属すると書きましたが、意外にも長寿の秘訣No.1の要素と言われています。

もちろん食事や運動にも気をつけることは重要ですが、あなたの心を開けるもしくは仲間と話せるコミュニティに所属することも大事にしてください。

余談ですが私のひいおばあさんは数え年で109まで生き延びた長寿です。思い返せばいつも周りには「おばあちゃん」と慕っているおばあちゃんたちがいましたね。私も曽祖母のようになりたいものです。