マッチョは速筋、スリムは遅筋!【筋肉の種類】

マッチョは速筋、スリムは遅筋!【筋肉の種類】

 

 

筋肉って種類あるの?!そう思った方、こんにちは。
Arteryex株式会社でCHOの役割を担っている小野澤です。さて、少し想像して欲しいのですが、

  • 短距離走がめちゃめちゃ速いウサインボルト選手
  • マラソンといえばこの人!高橋尚子選手

どちらも本格的にトレーニングをされてきた一流の選手であることは間違いありませんが、男女の差はおいておいて、それぞれ体つきが全く異なる思いません?理由はより発達している筋肉の種類の違い」にあります。

ウサインボルト選手のように屈強な身体を作るための筋肉高橋尚子選手のように持久力のある身体を作るための筋肉と大きく分けて2つに分かれることになりますね。

もう少し具体的に解説していきましょう。

 

筋肉の種類。速筋と遅筋の違いは何?

まず筋肉の種類として

  • 骨格筋(基本的に皆さんの想像する筋肉)
  • 平滑筋(血管や内臓などの筋肉)
  • 心筋(心臓を動かすための筋肉)

があります。これらはなんとなく理解している人が多いと思うのですが、実は骨格筋には先ほどのように

  • 速筋:大きくパワーを発揮するための筋肉
  • 遅筋:細く持久力を持つ筋肉

に分かれます。

先ほどの例でお話しすると

  • ウサインボルト選手は速筋が
  • 高橋尚子選手は遅筋が

発達しているということですね。

健康になるための筋肉の種類は速筋?遅筋?

さて、我々は「皆さんの健康のきっかけとなる」ための事業を行っているので少し健康と筋肉を照らし合わせてみましょう。

日々の生活を考えてみてください。

  1. 朝起きて、出勤や登校の準備をする
  2. 歩いて駅まで向かう、もしくは自転車
  3. 電車の中で揺られること30分・・・
  4. 駅から歩いてオフィス、もしくは学校へ
  5. 基本的にデスクと睨めっこする、もしくは営業先までまた歩く
  6. 帰路に着く・・・

めちゃくちゃ歩いてるし、同じ体勢でいるしスタミナ結構使いますよね。

と、いうことは皆さんは日々、パワーを発揮するよりも「持久力」を必要とすることが多いというわけです。

もちろんこれは職種やライフスタイルによっても全く異なるのですが、多くの方がスタミナ、持久力を必要としていることはほぼ間違い無いでしょう。

つまりあなたが日々の生活の中で疲れにくい身体にするためには「遅筋」を鍛えるといいということですね。

じゃぁ、労働生産性を上げるための筋トレ?ストレッチを・・

さて、筋トレというとどうしても

  • きつい
  • 辛い
  • 汗かく

と思われがちですが、生活の中で必要な筋肉はそこまで追い込む必要はありません。どちらかといえば毎日できる運動程度がいいでしょう。

動画のように

  • できるだけ全身を動かす
  • 在宅、デスクワークなどのリフレッシュとなる
  • 誰にでもできる簡単なストレッチ
  • 正しいフォームがわかりやすい

ものを継続して行うのが身体を健康に保つための秘訣の1つです。

もちろんArteryexでは全従業員で筋トレやストレッチ、たまには動画をみながらヨガなんかをしています。

さぁ、みなさんも簡単でいいので身体を動かしてリフレッシュしましょう♪