アドヒアランスとは?医療や服薬指導における重要ポイント

アドヒアランスとは?医療や服薬指導における重要ポイント

アドヒアランスとは?医療や服薬指導にどのように関係するのか

アドヒアランスとは我々患者が治療方針に賛同して治療を受けることをいいます。

今までは「コンプライアンス」という医療方針(医師の処方通りに患者が服薬すること)だったものが、近年アドヒアランスという考えに変わり、患者中心の医療になりつつあります。

アドヒアランスの本質的な意味とは

パソコンを使用した作業

アドヒアランスという言葉が浸透した背景は、

  • 人それぞれ幸せの定義が異なる
  • 人によって飲みにくい薬等がある

などを考慮し、

患者が自身の治療に積極的に関与し、医師や調剤薬局の薬剤師などの協力を得て、みんなで納得した治療方法を選択しよう

という意味が込められています。

患者中心の医療、アドヒアランスとインフォームドコンセント

アドヒアランスという治療方針について重要なワードの1つに「インフォームドコンセント」というものがあります。

インフォームドコンセントとは、患者や家族が自身の病状や治療豊富についてしっかりと理解した上で診療を進める上での承認のこと。

つまりインフォームドコンセントによって得られた承認を、アドヒアランスとして診療に役立てるということです。

インフォームドコンセントとは?わかりやすく解説