EBMとは現代医療の鏡。エビデンスベースドメディシンについて

EBMとは現代医療の鏡。エビデンスベースドメディシンについて

EBM(エビデンスベースドメディシン)とは根拠に基づいた医療のこと

EBM(Evidenced Based Medicin)とは、根拠に基づいた医療のことを言います。もう詳しく話すと

  • 世界中の研究者の報告
  • 医療行為などのデータ

などを元に、明らかな効果や安全性が認められた治療法や薬を利用して診療しようという考え方です。

今までの医療にEBMの考えを加えるとどう変わるのか

医療カルテの確認

当然今までの医療も根拠に基づいた医療はされてきましたし、私その恩恵を受けています。

が、なぜここにきてEBMという言葉が注目を浴びているのかと言いますと、

  • スマホやウェアラブルウォッチ等の普及によって様々なデータが取れるようになった
  • 海外への引っ越しや国際結婚等で様々な関わりが増えた
  • インフォームドコンセントが浸透してきた

などの理由が挙げられます。そして

  • 今まで取れなかったデータを取得
  • そして医療ビッグデータとして分析

することによって新たなエビデンス、すなわち今までより信頼性・有効性の高い医療が提供できるようになるということです。