オンライン調剤とは?流れ〜薬局活用方法について

オンライン調剤とは?流れ〜薬局活用方法について

オンライン調剤とは?薬局のサービス

オンライン調剤とは、インターネットを活用し、薬局に行かなくても薬を処方してくれるサービスです。

現在、2020年4月10日に厚生労働省より発表された

「新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の時限的・特例的な扱いについて」
厚生労働省のページはこちら

に基づいて、「オンライン診療」を受けた患者様のみが対象となっています。

オンライン調剤では薬局の服薬指導もオンラインで行う

オンライン調剤はオンラインで薬の処方を行ってくれるサービスなのですあ、処方してもらうのに最も重要なのが「服薬指導」です。

つまり、オンライン調剤では

  • 薬の容量・用法
  • 注意事項
  • その他カウンセリング

などを薬局にいる薬剤師さんから指導を受けることなのですが、これをオンラインで行うというところがメインです。

【厚生労働省】オンライン調剤・服薬指導のガイドライン

今回記事で書いたようなオンライン調剤等は皆さんもご存知の通り、コロナウイルスによって無理やり進んだという状況です。

もちろん厚生労働省などの機関がしっかりとしたガイドラインを出してくれているので、こちらもご一読ください。

オンライン服薬指導関係-厚生労働省

調剤をしてもらったら薬の情報もオンラインで管理しよう!

薬を処方されたら、お薬手帳などの管理ツールでその情報を管理しますよね。

すぐに捨てちゃうという方は是非今後は管理するようにしてほしいのですが、オンライン調剤を活用するくらいITリテラシーの高い方はアプリを使って医療情報を管理するといいでしょう。

お薬手帳だけでなく

  • 健康診断結果
  • 検査結果

も1つのアプリで管理できるパシャっとカルテという電子お薬管理アプリを無料で配布しているので、ご自由にご活用ください。