You are currently viewing リアルワールドデータとは?【定義、活用方法】

リアルワールドデータとは?【定義、活用方法】

リアルワールドデータ(RWD)の定義とは

リアルワールドデータ(RWD)とは、一言でいうと「診療等の医療情報を集めたデータ」のこと。ちゃんと解説すると

  • レセプト
  • DPC(診断群別包括支払い方式)
  • 電子カルテ
  • 健康診断
  • PHR(パーソナルヘルスレコード)
  • PRO(ペイシェントレポーテッドアウトカム)

などのデータを集めた医療ビッグデータのことを言います。

定義から考えるリアルワールドデータ(RWD)の活用方法

まぁ先ほどの定義だけではわかりにくいと思うので、リアルワールドデータの(RWD)の活用方法を見ていきましょう。

ここでは

  • 医療、診療の質向上
  • 臨床研究、新薬開発、治験

の活用法方について見ていきます。

医療、診療の質向上など医療機関

医療カルテの確認

リアルワールドデータ(RWD)の活用方法として最もイメージがつきやすいのは医療技術や診療の改善ではないでしょうか。

患者に関する医療情報を分析し、

など、多くの場面で活用のしがいがありますね。

臨床研究、新薬開発、治験など製薬企業

実はリアルワールドデータ(RWD)が最も活用されているのは医療機関というよりも製薬企業。例えば

  • 臨床研究
  • 新薬開発後の市販後調査
  • 新薬開発の治験スクリーニング

など多くの場面で活用されています。もちろん他の活用方法もたくさんあるのですが、現状「医療に関するデータが整備されていない」などの課題もあるので、注目を集めている分野ですが、課題も多々あるのが現実です。

パーソナルヘルスレコード(PHR)もリアルワールドデータ(RWD)では注目領域

ちなみに一番最初の定義で「パーソナルヘルスレコード(PHR)」と書きました。

パーソナルレコード(PHR)は現在リアルワールドデータ(RWD)で非常に注目を浴びていて、

  • 個々人の医療情報
  • 健康に関わるデータ

など。わかりやすいのがスマホに蓄積された歩数データや食事記録などの「より個人」に注目したデータのことです。

これらをリアルワールドデータ(RWD)と組み合わせることによってさらに分析が深くなり、活用の幅の広がっていきます。

一般消費者向けパーソナルヘルスレコード(PHR)アプリ「パシャっとカルテ」

さて、せっかくなので宣伝させてください。リアルワールドデータ(RWD)やパーソナルヘルスレコード(PHR)の分野で画期的なアプリを開発しておりまして。

  • 健康診断
  • お薬情報
  • 血液検査

などの医療情報をアプリで撮影するだけで自動でデータ化する「パシャっとカルテ」というものが、現在無料で配布中です。

一般消費者向けのアプリで、各OSアプリストアで検索すればででくるし私自身使ってて非常に便利なので是非お試しください。

▶︎パシャっとカルテの詳細を知りたい方はこちら

▶︎iPhoneでダウンロードされる方はこちら
▶︎Androidでダウンロードされる方はこちら