You are currently viewing テーラーメイド医療とは?【個別指導のデメリット】

テーラメイド医療とは?簡単に言うと【個別指導】そのデメリットについて

テーラーメイド医療(オーダーメイド医療)とは、個別化医療とも呼ばれています。また、

  • 症状
  • 体質
  • ゲノム情報

などによって治療法を分けたり、処方内容を変えたりする医療のことを言います。

現代ではたくさんの人のリアルワールドデータやパーソナルヘルスレコードがビッグデータとして分析され、予防や治療に役立てられています。

今後それらのデータが今回紹介するテーラーメイド医療と結びつくと更なる医療の発展につながることでしょう。

テーラーメイド(オーダーメイド)医療のデメリットや課題とは

テーラーメイド医療(オーダーメイド)のデメリット・課題は

  • 調べたはいいものの、遺伝子変異に対応した治療薬がない
  • 検査が高額
  • 倫理的な問題

などなど。まだ多くの課題が残されています。

がやはり今後の医療技術の向上の期待もできる分野ですので、一歩一歩進んでいきたいですね。

テーラーメイド医療はデメリットだけじゃない!メリットについて

タブレットの操作
  • テーラーメイド医療にはデメリットだけでなくたくさんのメリットがあります。
  • 例えば
  • 個々の詳細なデータに合わせた医療によって、治療の確率が上がる
  • 今後の医療ビッグデータの大きな力となり、医療技術の向上に役立つ
  • ゲノム医療等の先進的医療分野が発達する

など大きく考えるとメリットが非常にあるもの。もちろん先ほどあげたように、まだうまく進んでいないこともありますが、今後の発展に期待のかかる分野であることは間違い無いでしょう。